硬水のウォーターサーバーのメリットはこんなところにも

日本で人気があるウォーターサーバーの水は富士山などの天然水などが人気です。日本で採取される天然水は大体が軟水だと言われ、ウォーターサーバーに使われる水も多くは軟水が使用されています。

しかし、硬水のウォーターサーバーもニーズがあります。硬水や軟水は水のタイプを表すことばで、硬水は水の硬度が高い水のことです。硬度が低い水は軟水とよばれ、硬水とは異なった特徴をもっています。このような硬度によるお水の分類は、ウォーターサーバーに使われるミネラルウォーターなどの味の違いに影響しているともいわれ、日本では軟水の方がシェアが多くなっています。

ウォーターサーバーに使われる軟水と硬水の違いは硬度ですが、硬度は1Lのお水に含まれるカルシウムやマグネシウムの成分の含有量を表します。世界保健機関では1Lのお水に、ミネラル分が120mg未満の場合が軟水、120mg以上含まれているお水が硬水と分類しています。言い換えると、硬水はカルシウムとマグネシウムの含有量が豊富な水のことを表します。ミネラルが多く含まれているため、硬水をのむと口当たりがしっかりしていて、飲むと苦味がかった味がするという人もいます。日本には硬度の高い硬水と呼ばれる水はほとんどないので、軟水の方が一般的です。