硬水のウォーターサーバーとは

日本で人気があるウォーターサーバーの水は富士山系天然水などの軟水が人気が高いといえますが、硬水のウォーターサーバーもおすすめです。硬水や軟水は水の硬度で分類される水のタイプを表すことばで、硬水は水の硬度が高い水をさしています。そして、軟水は硬度が低い水ということになります。

このような硬度による水の分類は、ウォーターサーバーに使われるミネラルウォーターなどの風味の違いに影響を与えていると言われています。しかし、日本では軟水の方が慣れている分、おいしいと感じる人も多く大きなシェアを占めています。軟水と硬水の違いは硬度ですが、硬度は1Lのお水に含まれるカルシウムやマグネシウムの成分の含有量を表します。WHOの基準によれば、カルシウムイオンとマグネシウムイオンが水1000ml中に120mg以上含まれている水が硬水で、それより少ないのが軟水といわれています。

硬水にはミネラル成分が多く含まれているため、硬水をのむと口当たりがしっかりしていて、苦味がかった味がするという特徴があると言われています。日本には硬度の高い硬水と呼ばれる水はほとんどないのですが、ミネラル分がとても豊富であるため、スポーツをする人などにおすすめの水です。ミネラルは体に必要不可欠な栄養素ですが、運動後の汗などで、これらのミネラル成分が体からどんどん失われていきます。そのままにすると、夏などは脱水症状や熱中症などの症状が出る人もいるので、スポーツをした後の水分補給には硬水はとても向いているでしょう。

また、硬水のメリットとして挙げられるのは、コーヒーなどを淹れたときに味の変化を楽しめるという点です。香りや味が微妙に変化したり、コーヒーとの組み合わせなどによって、プロ並みの美味しいコーヒーを淹れることも可能です。硬水のウォーターサーバー水のメリットは、硬水の持ち味を活かして、素材とのハーモニーを楽しむことができるという点も挙げられます。また、硬水を料理に用いる場合には、日本料理よりもイタリア料理などの外国の料理の方が適しているかもしれません。硬水でパスタをゆでるとコシがあるおいしいパスタが茹でられると言われています。

硬水のウォーターサーバー水は、カルシウムやマグネシウムが多く含まれているので、スポーツ後のミネラル補給には適していて、美容や健康などを重視する人にとっても、硬水の栄養分にはメリットが期待できます。また、ダイエット効果などもあると期待されています。

新着情報

2017年02月01日
ホームページを更新しました。